ANA燃油サーチャージ同額
19/08/2017 10:17 Views: 70
 
全日空は、2017年10月1日(日)から11月30日(木)まで発券分の国際線旅客便の燃油サーチャージ額を2017年9月末分までの徴収額と同額で設定すると発表しました。

日本発着の北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア行きが3,500円、ハワイ・インド・インドネシア行きが2,000円、タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア行きが1,500円、ベトナム・フィリピン・グアム・サイパン行きが1,000円、中国・香港・台湾・マカオ行きが500円、韓国行きが200円となります。(1旅客1区間片道あたりの料金)

詳しくは、ANAのウェブサイトを参照ください。



    Related links
  • 22/09/17  ワットプラケオ一時的に閉鎖;
    バンコクの王宮と仏教寺院ワット・プラケオは10月25~29日に故プミポン前国王の葬儀が行われるため10月1日から29日まで一般公開が中止さ...
  • 06/09/17  タイ航空、燃油サーチャージ再設定;
    タイ国際航空は10月1日発券分からの日本発の日本―タイ間の航空券について、燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を再設定します。 再設定の金額...

Read more...


Read more...