ANAマレーシア行きロングステイ向けの新運賃を設定
21/11/2017 09:35 Views: 41
 

全日空(ANA)は2017年11月20日(月)、マレーシア行きのロングステイ向け新運賃を発表しました。

対象となる路線は東京(成田・羽田)からマレーシア・クアラルンプールで、搭乗期間は2018年1月10日(水)から9月30日(日)、必要日数(運賃が適用される最低限必要な旅行日数)は、9日から6か月です。

チケットは2017年12月31日(日)まで発売されます。





    Related links
  • 15/12/17  JAL2月発券分から燃油サーチャージ値上げ;
    日本航空プレスリリース 2018年2月1日以降の燃油サーチャージ(日本発1旅客1区間片道)はタイ、シンガポール、マレーシア4500円(同3000円)となります。 ;

Read more...


Read more...